グローバル輸出のための自社モールの構築と運営方案

by 300cbt Team

2023年12月5日、SBA国際流通センターで主管した「輸出翼、海外進出セミナー」で「グローバル輸出のための自社モール構築および運営方案」というテーマで1時間発表を行いました。

ある程度の国内販売経験を持っていて、海外進出初期段階または海外進出を計画している代表たちが席をたくさん満たされました。そのため、典型的な代理店ではなく、直接海外販売経験を通じてセラーたちのペインポイントを誰よりも知っている300cbtの視点に集中し、事例中心に発表を進め、多くの方々が呼応をしてくれました。

誰もが海外販売を考慮する際に考慮するものについての話で発表を始めました。大幅にマーケットプレイス、オンラインストアビルダー、韓国ストアビルダー、そしてShoppyPiプラットフォームの内容を共有しました。

1. マーケットプレイス

Amazonに代表されるマーケットプレイスは、最も簡単にアクセスできる海外販売方式です。 Eコマースで最も重要な購買転換率は通常2~3%程度になりますが、アマゾンはプライム会員の場合最大14~17%程度で購買転換率が圧倒的に高いです。ただし、Amazonもすべてのマーケットプレイスが持っている限界点を持っています。

1)製品の販売形態は限られています。 2)顧客とトラフィックデータを提供していないため、独自のマーケティングは不可能です。 3) 再販の場合、無限の価格競争のため、ブランド化はできません。 4) 決済期間が長く、資金の流通に苦労する可能性があります。

2. オンラインストアビルダー

オンラインストアビルダーは再び3つに分かれます。それぞれの特徴に基づいて、High Level、Install、SaaSの3つに分けられます。

1) High Level

マゼントに代表されるHigh Level方式はバックエンド開発が可能なので、望むほぼすべての機能を実装できます。ただし、それにより開発知識、バージョンアップデート、バグなどを担当できる専任人材が必ず必要です。

2) Install

WordPress WooCommerceに代表されるInstall方式はサーバ管理が可能なため、API連動などが比較的自由です。ただし、それによりトラフィック問題、セキュリティ問題などを担当できる専任人材が必要でしょう。

3) SaaS

ショピパイに代表されるSaaS(Software as a Service)方式は、バックエンド開発、サーバー管理を必要とせず、運営と販売に集中すればよい。開発人材と設計人材がなくても、最小限の人材で全体的なストア運営が可能です。

3.韓国オンラインストアビルダーの問題

カフェ24に代表される韓国オンラインストアビルダー方式はあくまで韓国型であり、使用顧客の90%以上が韓国人であるため、グローバルストア構築において制限事項が多いです。

以前は法的な問題により韓国ターゲットはカフェ24で構築し、海外ターゲットはショピファイで構築することがほとんどでした。しかし、23年9月に法的な問題が解決され、単一ストアで国内および海外のターゲットをすることが可能になりました。

その他、ShoppyPiプラットフォームの基本的な内容、ShoppyPyのテーマとアプリのエコシステムの説明、そしてShoppyPyでストアを構築する際に必ず考慮すべき決済、配送などの内容を詳しく共有しました。実際に発表が終わった後に質問をいただいた部分も全て決済と配送についての内容でした。それだけ一番悩みも多くなり、一番解けにくい部分だと思いました。

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。