あなたが海外ショッピングモールを準備する10の理由

by 300cbt Team

2018年は2010年イーベイコリアCBTチームの立ち上げを筆頭に、アマゾンコリアとその他海外マーケットプレイスの進出と韓国セラーが本格的に海外進出を始めてからほぼ10年になる年です。今は海外マーケットプレイスの入店関連内容やノウハウなどもインターネットで難しくなく接することができ、各マーケットごとに専任マネージャーまで割り当てられており、アイテムさえあれば海外オンライン販売を簡単に始められる時代になりました。

しかし、以前から問題になってきた韓国セラー同士のアイテム編中、チキンゲームに近い価格競争などにより海外販売が馬のように容易ではないのが現実です。最近韓国セラーの方々が多く参入しているアマゾンマーケットプレイスは名実上全世界最大のマーケットプレイスだが、一部人気製品の場合、アマゾン政策であるカタログ分類、その分類による価格別セラーリスト露出により韓国セラー同士のような製品で価格競争が激化し、結局は収益がほとんどない別名「フィードバック」アイテム群も生まれています。

私も海外販売を始めてからしばらくしていない時点で販売が急速に増えたアイテムがありましたが、ホリデーシーズンが過ぎて1ヶ月で同じアイテムを販売する韓国セラーが50人を超えたことがあります。これは市場は大きいのに売り手の視野はますます狭くなる現象だと見ることができます。この問題はマーケットプレイスの初期から取り上げられてきましたが、オンライン販売の性質上、価格競争は必然的であるため、容易に変わる問題ではありません。だから、アイテム選定は、販売がうまくいくアイテム(別名難しくなくソーシングができるよく出てくるアイテム)を選定するのではなく、販売者の立場で愛情を持って長期的なビジョンを広げることができるアイテムを選定することが何よりも重要です。

海外マーケットプレイスで1年以上運営してみると、自分に合ったアイテムも整理され、このアイテムをより効果的で長期的に引きずりたいと思うが、この時がすぐに海外ショッピングモールを準備しなければならない時期でしょう。

海外ショッピングモールだけができること

1. 販売アイテムの選定と販売方式の自由度
マーケットプレイスでは、該当するマーケットプレイスのポリシーに基づいて販売可能な製品と不可能な製品があります。一部のカテゴリでは、その国内認証を受けたセラーのみ販売が可能なカテゴリ(egワイン)もあります。しかし、自社ショッピングモールでは販売製品に対する制限がなく、利用規約(Terms & Condition)、配送、払い戻しポリシーもサイト自体で設定するため、予約注文(Pre-Order)製品、デジタル製品、カスタマイジング(ビスフォーク)製品、注文生産製品など販売を希望するどんな製品でも全世界をターゲットに販売が可能です。

shopify

▲Tシャツプリントサービスを提供するショッピングモール

2. ダイレクトマーケティング(ターゲティング)が可能
マーケットプレイスの販売と比較して、最も明白な利点としてショッピングモールを利用すれば、私の固有のドメインとそのドメインで固有のURLを作るため、外部マーケティングが可能だという点です。当然顧客基盤マーケティングが可能な部分です。自分のソーシャルチャンネルを利用してFacebookショップ、ピンターレストバイアブルピン、インフルエンスを利用したYouTubeのレビューマーケティングに加え、国内の直球族が必須に利用するキャッシュバックサイトや海外価格比較サイトに入店してプロモーションも可能です。もちろん、Google AdWords、Googleショッピングの運用は選択ではなく必須です。

shopify

▲ショピパイのマーケットプレイス連動

ショピファイを利用すれば、上の画像のマーケットプレイスの他に、Wish、Etsy、ebayなど外部マーケットプレイス連動(sales、inventoryなど)が可能で、マーケットプレイス連動に特化したサードパーティーアプリを通じて統合管理も可能です。
​​
3. ターゲット国別にマーケティング可能
eBayアメリカ(ebay.com)やAmazon USA(amazon.com)サイトはアメリカを拠点とするサイトですが、世界中のユーザーが利用しています。マーケットプレイスで1年ほど販売すると、国別の売上データを通じて売上が多く発生する国を見ることができるはずですが、ショッピングモールの場合、その国にマーケティングを集中できるという利点があります。該当国に特化した配送、決済、マーケティングなどを直接選択運営できます。

​4.卸売機能の活用
多くの方々のニーズがある分野でマーケットプレイス販売をしてみると、少量でも卸売のお問い合わせをいただきます。このような卸売問い合わせはeBayでたくさん行われますが、eBayシステムではカテゴリ別にWholesale Lotカテゴリを提供しています。しかし、活性化されておらず、eBay内のメッセージシステムであるContact Sellerを利用して卸売問い合わせをしてくることが多いです。ショッピングモールでは直接卸売関連ページを運営し、積極的に卸売注文管理が可能です。ショピパイの卸売機能は小売(Retail)に基づいて卸売機能を追加して運営することが多く、卸売機能は一部の製品、製品数量、顧客(卸売専用ID)などに分けて運営できます。

shopify

▲ショピパイの卸売関連アプリ


5.自由な設計構成が可能
Amazonの場合、ロゴを除いてマーチャントがデザインを入れることができる領域がなく、eBayはリスティング記述にhtmlを利用してデザインを追加できる機能を提供しています。韓国セラーは通常配送ポリシーや配送期間についての内容を入れるのが定石のように固まっているが、製品SKUが多い香港、アメリカ、ヨーロッパなどの中・大型セラーはサードパーティーのデザインツールを通じてショッピングモールのデザイン形態で運営する場合がたくさんあります。

shopify

▲eBayテンプレートリスティングデザイン会社Frooition

海外ショッピングモールデザインは、このようなデザイン開発会社の月購読形態ではなくテーマを購入し、直接デザイン設定が可能です。そのテーマを購入して、自分のショッピングモールに合わせてデザインを整理できます。

こんなテーマはトレンドをリードする海外のプロのデザインエージェンシーで提供しています。テンプレート型テーマは、HTML、CSS、Java script、Node JSなどの開発言語を知らなくてもカスタマイジングが可能なようにテンプレートの形になっており、セッティングガイドを提供します。また、 ブートストラップで製作されており、国内ショッピングカートでは提供しないレスポンシブテンプレート(モバイル、タブレット自動最適化)提供されます。

shopify

▲Envato Market(themeforest.net)で購入可能なショーピーパイのテーマ


shopify

▲Envato Market(themeforest.net)で購入可能なビッグコマーステーマ

6. 顧客データに基づいて再購入誘導、リターゲティングキャンペーンが可能

shopify

▲「バッグ万百万個」羊と「私の一般的な日常会話」

最近購入したオークション、ジマーケット、クパンなどで購入した場合は、購入したセラーIDを覚えていますか?覚えていれば、そのセラーが気が詰まったニックネームを使用しているか、あなたが過度に記憶力が良いのです!もし購入した製品が好きで検索をしましたが、他のセラーが5000ウォン安く販売しているなら、それでも購入したセラーに再注文をしますか?もしショッピングモールで購入した場合、「バッグ万百万個」の量はそのショッピングモールのブランド名(モデル名)やURLを教えてくれ、「私」はそのリンクからすぐに購入が可能だったでしょう。

「オンラインショッピングモールにも常連がある」

以前に国内でゲーム関連のショッピングモールを運営したとき、私たちのVIPのうちの1人は1年に3000万ウォン以上購入された方がいました。仕事がほとんどないので、電話をかけると、「ゲームが多すぎてどこに置いたのかわからず、再度注文したと言ってただ送ってほしい」と言われる場合もありました。

このようなVIPのお客様が100人ならどうでしょうか?全世界をターゲットにすれば国家別に5人ずつ発掘すればどんな売上を生み出すことができるでしょうか?アイテムによって違いがある場合がありますが、ショッピングモールの場合、製品に満足した場合は必ず再購入が起こるようになっています。マーケットプレイスでは珍しいですね。また、再購入を超えてブログ、YouTube、レディットなどに購入後が、使用後期、アンボクシング映像などを上げて、さらに購入リンクまで丁寧にお知らせする熱心なファンも生まれます。もちろん、これはモールのオペレーターが扱うこともできます。

国内の場合、SMS、カカオトークなどを通じた顧客管理が一般的ですが、海外マーケティングのための獲得(データ)はメールが基本的な媒介体となります。

海外ショッピングモールをサーフィンしてみると、メールを入力すれば割引クーポンを提供してくれるというポップアップをたくさん見ましたでしょう。海外では、電子メールの収集がマーケティングの基本であり、第一歩であるため、電子メールの収集は非常に重要です。これによりメールジャンプジャストウーノなどのメールマーケティング関連アプリも多く活用されています。発掘ほど重要なのが管理です。電子メールマーケティングアプリは自動化機能により、顧客とのコミュニケーションをより効率的に管理できます。

shopify

▲justunoを使ったメールインゲージポップアップ。メールを入力すると割引クーポンがメールで送信されます


7. トラフィック分析など多様なマーケティングツールの活用


海外マーケットプレイスにもGoogleアナリティクスや、Facebookピクセルを植えることはできますか?
- 海外販売関連カフェで抜群の質問文中

これらのプログラムは、サイト(ショッピングモール)用のツールでJavaScriptを許可しないマーケットプレイスでは原則として使用できません。アナリティクス、ピクセルは、ショッピングモールで必須であるアプリでショッピングモールを運営する際に必ずインストールしてください。これらのアプリを使ってショッピングモールで得られる代表的な指標です。

  • どの国の顧客
  • ある時点で
  • どの機器を使って(PC、モバイル、タブレットなど)
  • そのサイトの任意の製品
  • どのくらいの時間を見て購入したか(Shopped)すぐにウィンドウを閉じて出たか(Bounce)
  • 購入完了(Order) or購入放棄(Abandon Cart)したかなどのデータ分析

▶このようなデータを利用してAdWordsを利用して目標設定、広告キャンペーン設定可能です。

分析データをより効果的に使用するために、Googleサーチコンソール、Google Analytics、Google Merchant、Googleショッピング、Google AdWordsなどのGoogleが提供するサイト管理ツールアプリを連携して使用することをお勧めします。

search console

▲Googleサーチコンソール(旧:ウェブマスターツール)


8. マーケットプレイス手数料の削減
マーケットプレイスの売り手の方が最も共感していただける内容のようです。マーケットプレイス手数料は平均12~15%線ですが、アマゾンFBAを利用すれば返品率まで考慮して実際の手数料は20%-30%を策定される方が正しいです。もちろん、この手数料はトラフィックの代償と言えます。半名ショッピングモールは決済手数料のほか、ショッピングモール運営費を除けば手数料というものはありません。しかし、独自のトラフィックを作らなければならない宿命が待っています。トラフィックを作るためには広告、ソーシャルマーケティングなどが必須であり、それに伴う金銭的、人的資源が必ずサポートされなければなりません。ショッピングモールをオープンすると、独自のトラフィックを作ることができるかないかによって、ビジネスの成否が分かれると言って過言ではありません。

9. 高速決済サイクル
イコマースでの販売と同じくらい重要なのがキャッシュフロア。つまり、資金管理です。私の周りのセラーの方もマーケットプレイスで月20万ドル以上販売しましたが、1ヶ月以上の決済サイクルのため資金の流れが止まり事業を中断した場合がありました。しかし、ショッピングモールで一般的に使用するPayPalによる決済の場合、決済を行わずにすぐに出金が可能で、サイト内のクレジットカードサービスも購入者が決済後営業日3-4日であれば決済が可能という利点があります。

10. 容易になった海外ショッピングモール構築環境
これまで国内で紹介されていたショッピングモールビルダーは、マゼント、プレスタショップ、ワードプレス-ウコマースなどの設置型ビルダーがほとんどでした。このような設置型ベースのツールは、ユーザーが直接ホスティング管理をしなければならないため、初めて海外ショッピングモールを始める方には難しさがあり、オープンをしても技術的な管理が容易ではなかったのが事実です。

マゼントの場合、社内にマゼント関連維持、保守要員(マゼント運営経験が豊富な開発者)が必ず必要であり、マゼントの核心強みであるマルチストア機能をきちんと活用するためには、各国別ターゲットマーケティングが必須なのに、このような人材や準備なしでオープンを準備してみると、サイトだけかろうじてオープンして管理ができず、胸元のように放置される ドメインの満了で運営が中断される残念なケースを数え切れなく見てきました。ショッピングモールの運営とは、ショッピングモールのオープンが終わりではなく始まりであり、広告の広報、マーケティングを通じて直接トラフィックを作り、そのトラフィックを分析して再投資を繰り返していく好循環を作る過程といえます。世界中で60万のサイトが利用しているレンタル型ショッピングカードであるショピパイを利用すれば、専門的なウェブ知識がなくてもショッピングモールの構築が可能です。

このようなレンタル型ショッピングカードホスティングはショッピングカードサービス自体がホスティングであるため、技術的な問題に気を付ける必要がなく、CDN(Contents Delivery Network)サービスで世界中どこからアクセスをするように安定したホスティング環境を提供しており、モール運営者はマーケティングとセリングに集中することができます。また、独自に24時間年中無休で運営されるC/S(チャット、Eメール、電話)を提供し、ユーザーフォーラムが活性化されており、技術的な部分だけでなく、運営上で起こりうる問題も難しく解決することができます。 300CBTは、ショピパイショッピングモールを直接運営しながら、ショピパイ構築サービスと教育を提供しています。今では海外代理店利用による不便なく国内でショピパイ製作が可能です。

_
モール制作?いいえ!マルチセールスチャンネルの構築。
最近、ショッピングモールツールは、自分たちをショッピングモールツールと言わず、エコマースプラットフォームと呼んでいます。ショッピングモールやマーケットプレイス、ソーシャルチャンネル、Googleサービスなどと簡単に連動して運営できるようシステムを提供しています。今年は「eBayセラー」、「Amazonセラー」ではなく、当社のブランドを育てて好循環構造を作れる専門的な「海外ショッピングモール構築」を一度検討してみてください。

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。