海外販売者なら必ず入店すべき価格比較サイト TOP 10

by 300cbt Team

電子製品を購入するときに一度は訪問するダナと最安値を検索!

海外にもこんなサービスがあるのでは?

価格比較サイト (CSE: Comparison Shopping Engines)

2000年代初頭のオンライン販売がブームを遂げて発生し始めた価格比較サービスは、今や単に同じ製品(同じGTIN)の価格比較だけでなく、ホットディール情報提供などでサービス領域を広げています。国内にはタナワ、エヌリ、クチャのような価格比較サイトが運営されています。海外マーケットは各国ごとにさらに多様な価格比較サイトが活性化されています。今回のポストには海外販売者なら入店を考慮してみるべき海外価格比較サイトを見てみましょう!

海外価格比較サイト入店のための準備

入店のためには、運営しているモールの商品データをフィードにしてそのサイトに提出する必要があります。フィードは、製品タイトル、価格、SKU、記述を含むファイル形式を言うことで、Googleスプレッドシート、XML、FTPアップロードなどの形式で送信できます。フィードは効率的な管理のためにフィード関連アプリを使用することをお勧めします。

ショーピーパイ利用時の代表的なフィードアプリはショッピングフィーダーショッピングフィードデータフィードウォッチなどがあり、これらのフィードアプリは価格比較サイトだけでなく、eBay、Amazon、Etsy、Houzz(ハウスホールド関連マーケットプレイス)などのマーケットプレイス連動機能も提供しています。一部の価格比較サイトの場合、英語圏の国が法人がなければ入店が可能な場合もあります。

TOP 10 価格比較サイト(英語圏)

英語圏基準Top 10価格比較サイトについて学びましょう。メジャー価格比較サービスは別途ターゲット国の設定が可能です。

1. Google ショッピング(Google Shopping)

google shopping

▲Googleショッピングページ

Googleショッピングは、価格比較だけでなく、世界中を対象に製品広告を行うことができる世界最大のショッピング検索エンジンです。 Googleショッピングには、eBay、Walmart、Qoo10などのマーケットプレイスやCellular、Overstokなどのバーティカルサイトも入店しています。入店にはGoogleマーチャント、ショッピングフィード、Google AdWordsアカウントが必要です。 Googleショッピングについては、Googleショッピングガイドポストを参照してください。

2. ビングショッピングキャンペーン(Bing Shopping Campaigns)

price comparison site

▲ビングショッピングページ

Bingショッピングは、Googleショッピングと同様のサービスで、Microsoft Bingで運営されています。 BingショッピングページでSwitch to Bing in Englishをクリックすると、運営されているショッピングキャンペーンを確認できます。英語圏ではグーグル利用の割合が格段に高いが、10%-20%のインターネット利用者はただビングのみ利用すると言われています。ペイパルを利用して広告費用を決済すれば、韓国事業者でもビングショッピング入店が可能です。

​3.ネックスタグ(NexTag)

price comparison site

▲Next Tagのメインページ

1999年から運営されているネックスタグは、毎月数百万人が訪問者が利用している代表的な価格比較サイトです。ネックスタグは一般的な製品だけでなく、チケット、不動産、旅行関連商品の価格比較サービスも提供しています。

4. ショップジラ(Shopzilla)

price comparison site

▲ショップジラのメインページ

ショップジラは代表的な価格比較サイトの一つで、コネクサティというメディア企業で運営しています。電子製品とファッション製品が主を成し、米国、英国、フランス、ドイツにそれぞれサイトを運営しています。

5.プライスグラバー(PriceGrabber)

price comparison site

▲プライスグラバーメインページ

プライスグラバーは国内直球族も多く利用するサイトでショップジラのようにコネクサティで運営しています。ローカライズのためにアメリカ(グローバル)サイトとイギリスサイトをそれぞれ分離して運営しています。

​6.ビーズレート(BizRate)


price comparison site

▲ビーズレートメインページ

ビズレートもコネクサティ所属の会社で、アマゾン、ウォルマート、シアーズ、ポッシュマークのような会社が入店しています。

​7.ショッピングドットコム(Shopping.com)

price comparison site

▲ショッピングドットコム

ショッピングドットコムはeBayの子会社で、eBay Commerce Networkに属しています。ショッピングドットコムはeBayに登録された製品をキュレーションして価格比較サービスを提供しています。ワールプール、シーメンス、コーチ、フェラーリ、ハッシュパフィーなどのグローバルブランドやディストリビューターが入店しており、米国、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツのサイトを運営しています。

8. ビーコム(Become)

シンプルなサイト構成が特徴のビーコンは、フィッションに集中した価格比較サービスを提供します。

9. フロント(Pronto)

フロントは他の価格比較サイトとは異なり、検索エンジンの形でショッピング検索結果を示しています。

10. Amazonプロダクトアズ

Amazonはマーケットプレイスであり、広告プラットフォームを運営しています。 Amazonアドバタイジングでは、ディスプレイ、ビデオ広告だけでなく、Amazon広告ネットワークに製品を公開することもできます。

_
以上、さまざまな価格比較サイトについて調べました。価格比較サイト入店はブランド認知度向上に大きな助けを与えることができるので、最もよく使っているGoogleショッピングからキャンペーンを進めてみることをお勧めします。

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。