続々がキーワードを探す8つの無料検索エンジン最適化ツール

by 300cbt Team

海外検索エンジン最適化無料ツールバー

検索エンジン最適化(SEO)とは、ターゲット顧客が検索する重要なキーワードを調査し、そのキーワードに基づいてサイトコンテンツを制作し、実際のターゲット顧客が検索エンジンでそのキーワードを検索したときに運営するサイトが公開され、サイトに流入する。できるようにサイトを管理することです。それでは、最適化を実行する前に、まず顧客が実際に検索するキーワードを知る必要がありますか?さらに、競合サイトはどのキーワードを使用してコンテンツを作成していて、どのタイトルと記述をサイトに適用しているかを知っていれば、ベンチマークにも役立ちます。今回の記事では、検索エンジンの最適化に役立つSEOの専門ツールについて学びます。

1. キーワード エブリウェア(Keywords Everywhere): キーワード抽出とサイトに適用されたタグ、月間検索量を一度に確認できる Google Chrome アプリ

https://keywordseverywhere.com/

キーワードエブリウェアは、名前の通りどこでもキーワードの検索値を確認するのに役立つツールです。特に「このキーワードは月にどれくらい検索されるのか?」という答えを得るのに最適なツールと言えます。キーワードエブリウェアを使用すると、キーワード分析のために新しいウィンドウを開く必要がなくなります。

free seo tools
▲キーワードエブリウェアアプリを使用すると表示されるGoogle検索ボックス

free seo tools
▲キーワードエブリウェアアプリを使用すると表示されるGoogle検索結果ページ

free seo tools
▲セルラの「water sleeping mask」製品ページを分析した画面。キーワード密度、頻度クリック単価などを一目で分析することができる。

特定サイトのキーワード分析は、メインページより商品詳細ページを閲覧すれば、より詳細なキーワードを確認でき、H1、H2などのタグ使用可否もチェックできます。キーワードエブリウェアのChromeアプリを使用すると、サイトにアクセスせずに使用しているChromeページでキーワードを分析できます。

2. Ubersuggest:ロングテールキーワードのアイデア提案

https://neilpatel.com/ubersuggest/

ウーバーサジェストは、Googleキーワード検索データに基づいてロングテールキーワードを提案します。検索されたキーワードをクリックすると検索結果のページランクまで確認でき、競争力のあるロングテールキーワードを確認するのに大いに役立ちます。検索キーワードは国、言語別に詳細設定が可能で、キーワードデータに基づいて製品名、ブログポストタイトルに関するアイデアも得られます。インターフェースが非常に直感的に構成されており、私もお気に入りのツールです。

free seo tools
▲ウーバーサジェストで「korean cosmetic」を検索した画面

3. モズバ(MozBar): 競争サイトのバックリンクを垣間見ることができるツール

https://moz.com/products/pro/seo-toolbar

過去のポスト(ショピファイ検索エンジン最適化概念とセッティング)にも紹介されたモズでは、サイトの権威度やページタイトル、メタ記述などサイト全体にわたるSEO事項をチェックすることができます。 Site Authorityはサイト評判を分析した指標で、100点満点で数値化した指標で、アマゾンは100点、CNNは94点を記録しています。また、Link Explorerメニューでバックリンクもチェック可能です。競争サイトやベンチマーキングサイトのバックリンクを把握すれば、どこに広報とマーケティングを集中すべきかを知ることができます。モズもモズバラはクロムアプリを提供しています。

moz
▲Moz ChromeアプリMozbaをインストールして検索した画面

moz
▲モズバサイト分析画面:該当サイトのページタイトル、記述、Hタグなどを確認することができる。

4. スーブル(Soovle): 一度検索で世界のすべての検索エンジンの関連検索結果を示すサイト

スブルは各検索エンジンのキーワードを集めて一目で分析できるツールで、関連キーワードやロングテールキーワードの調査に非常に効果的です。インターネットユーザーは各検索エンジンに合わせてアンサードットコムに質問を、Amazonでは製品名やブランド名を、YouTubeではhow toに関連するキーワードを検索します。スブルでは、各検索エンジンで関連キーワードを探す必要なく、これを漢方に見せています。

スブルが提供する検索エンジンキーワードは、Google、Amazon、Yahoo、Ask、eBay、Wikipedia、YouTube、Answers.comなどのデータを提供し、これには韓国のネイバーも含まれます。

soovle
▲スーブルで韓国コスメティックを検索した画面。検索エンジンでキーワードを比較してみてください。
 
スブルのメリットは、申し上げた通りキーワードを一目で確認できるという点です。これを利用して各検索エンジンとの違いを把握し、ロングテールキーワードを発掘することができます。たとえば、YouTubeの場合、検索したキーワード(製品名)の後にUnboxing、Review、haulなどの派生キーワードのアイデアを得ることができます。キーワードをクリックすると、その検索エンジンの検索結果ページに移動します。
 

5. Screaming Frog:技術的SEO要素診断ツール

https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/

ベンチマークよりも先行しなければならないのが自社サイト分析です。スクリムプログは、コンピュータにダウンロードして使用できるPCベースのプログラムで、サイト内リンク、外部リンク、404ページチェック、メタ記述、アルトタグ、画像最適化、モバイル最適化などの技術データを提供するツールです。もちろん、競争サイトやベンチマーキングサイトのオンサイトSEOも分析できます。無料版は1ドメインあたり500ページまで診断可能です。

Screaming Frog
▲スクリーミングプログ

6. アンサー・ザ・パブリック(Answer the Public):キーワードは質問です。意味論的キーワード分析!

 
アンサー・ザ・パブリックは、ビジュアルキーワードリサーチツールで、キーワードに関する質問、前置詞、比較などキーワードを分類して表示します。そのキーワードについて非常に詳細な洞察を得ることができます。
 
Answer the Public
▲アンサー・ザ・パブリックにアクセスした後、キーワードを早く入力しないと、この方が逆情を出します。高血圧で裏首をつかむ前に、すぐにキーワードを入力してください!
 
Answer the Public
▲韓国コスメティックを検索した画面前置詞動詞を通じて検索意図を把握することができる。

たとえば、前置詞forを使用して、「目的のために」そのキーワードを検索したかどうかを推測することができ、顧客のニーズをより明確にすることができます。データメニューをクリックすると、上記の画面のようにセクション別に分類されます。

7. SEOレビューツール(Backlink Tool):SEOツールハブサイト

 
SEOレビューツールでは、上記の検索エンジン最適化関連ツールの一部の機能を集めてハブの形で提供します。
 

8. Googleサーチコンソール:サイト運営の基本

 
グーグルサーチコンソールは、ウェブサイトやショッピングモールを運営する場合に必ず使用しなければならないグーグルサービスで、グーグル検索エンジンから実際の顧客が検索したキーワードのデータ、モバイル最適化指数、最近問題となっているAMPまで設定できるサービスです。

_

上記のツールを活用して、内部、外部キーワード分析、競合サイトバックリンク分析、テクニカルSEO分析を行っていれば、サイトの最適化に大きな助けを得るでしょう。その他、ご不明な点はjake@300cbt.comまでお問い合わせください!

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。