海外オンラインショッピングモールのドメイン選択とSSL設定

by 300cbt Team

オンラインビジネスの開始はドメイン選択から始まります。 SEOの1つの分野であるOne Site SEOの出発点となるドメインは、一度決めればオンラインマーケティングの特性上、変更が容易ではないため、慎重に選択してください。使えるドメインはすでに使用中ですか?それでは、トップレベルのドメインを変更したり、合成語、ブランド名でドメインを作成してみてください。何度も何度も何度も何度も満足できるドメインを選ぶことができます。

ドメインサービス絶対強者古代ディ

海外ショッピングモールの構築を計画されている場合は、ドメインは古代ディを通じて購入することをお勧めします。国内ドメインサービス会社に比べて安価な購入費用とともに、海外ホスティングやEMP(Email Marketing Provider)サービスとの連動が非常に簡単に構成されているからです。電話カスタマーサポートも韓国語で提供しています。

古代ディでは、.com、co.krなどのトップレベルドメインに加えて、.info、.social、.shop、.store、.me、.coなどのドメインも購入できます。購入の過程で、ドメインに加えて複数の追加サービスに参加するように案内されますが、ショッピングモールの運営とは関係のない追加サービスですので、すべて無視してドメインのみ購入してください。

  • そのドメインで使用するビジネスEメール:Google Zwitchを推奨
  • SSL設定:モールホスティング会社で設定。ショピパイは無料SSLを提供
  • プライバシー機能追加:ドメイン購入情報を公開したくないときに使う有料付加機能

ドメイン構造

ドメインを初めて購入する場合は、ドメイン関連のいくつかの疑問などがあります。最も気になる用語や内容をまとめてみました。

ssl

▲一般的なドメインコンポーネント

  • プレフィックス: IP Address Prefix で https 設定が必須
  • サブドメイン:blog.mysite.com uk.mysite.comなどサイト内コンテンツやターゲット分離に使用
  • 名前:ドメイン名
  • トップレベルドメイン(拡張):.com、.edu、.govなどのサイトの性格を表します
  • 名前と最上位ドメインを合わせてドメイン名と呼びます。

ショッピングモールの場合、.comドメインの使用が一般的であり、必要な名前がすでに使用されている場合は、.co .shop .storeなどのトップレベルドメインの選択も検討できます。ウーバー、グーグル、アマゾン、イーベイ、ペイパルの共通点は、発音上の2音節から4音節の間で構成されており、覚えやすいという点です。ドメインはシンプルで、顧客が覚えやすくすることが非常に重要であるため、ドメインを作成したら、周囲の人に電話でそのドメインを教えてください。一度に聞くと悪くないドメインです。

オンラインショッピングモール事業者が知っておくべきドメイン関連用語

海外ショッピングモールでは、複数の外部マーケティングツールを使用します。ツール連動時にドメイン管理パネルで設定することができます。主に使うメニューについてまとめてみました。

IPアドレス
IPアドレスは、インターネット上のコンピュータまたはデバイスの場所を指定し、他のコンピュータと区別される一意の数字、文字列です。このIPアドレスは国によって区別され、海外の大型ショッピングモールへのアクセス時に表示される地域配送関連メッセージは、このIPアドレスをチェックして区別されます。

ssl

▲アメリカデパートニマンマーカスの韓国配送ポップアップメッセージ

DNS
Domain Name Systemの略で、私たちが一般的にドメインと呼ぶのは、実際には23.227.38.32などのような数字で構成されたIPアドレスを文字に変換して使用しているのですが、DNSはこのような数字で構成されたIPを文字に変えてお互いに通信させる力学をします。ショピパやビッグコマースを利用してショッピングモールを構築する際、そのホスティングで提供するネームサーバーの値をドメインを購入した場所に入力すれば、簡単にドメイン接続ができます。

ssl

▲ビッグコマースでドメイン接続時のネームサーバー設定

ショピパイの場合、Log in > Online Store > Domains > Connect existing domain > で購入したドメインを入力した後、ドメインを購入したサイトでDNS値を変更していただくと、ホスティング(ショピパイ)でドメインがリンクされます。ホスティングを変更する場合は、必ずネームサーバーの値も変更してください。

Domain Provider
古代ディのようなドメインプロバイダーを指し、ショッピングカートサービスを提供するショピパイ、ビッグコマースでもドメインを購入することができます。 Googleもドメインサービスを提供し、国内ではアサダル、カフェ24、サンドメイン(メイクショップ)などがサービスしています。

CNAME Record
サブドメインを別のドメイン名で指定するDNS設定。 blog.myshop.comのような形カフェ24の英語、中国語、日本語サービスがen.myshop.com(英語)、ch.myshop.com(中国語)の形で使われています。プログラミング上、地域、言語別の区別が必須であればやむを得ず使用しますが、一般的に検索エンジンの最適化にもっと役立つURLの形態はhttps://www.myshop.com/blogからなる形式です。ショピパイの場合、正式ドメインの他に「ショップ名.myshopify.com」アドレスを提供し、そのURLでも管理が可能です。 (ショピパイが提供する生涯ドメイン)

Email Forwarding
モールの運営にドメインを使用する会社(業務)の電子メールの使用は必須です。ドメイン:www.myshop.comなら、メールはadmin@myshop.com、help@myshop.com、wholesale@myshop.comなどの業務用に書かなければなりません。特に韓国で使用するnaver.comなどのメールを利用して、大量メール発送時に海外のお客様が使用する一部のメールサーバーではスパムとして認識でき、必ず避けてください。

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)で設定する優先ドメイン設定
ショッピングモールに商品とコンテンツの両方が登録されている場合は、GoogleサーチコンソールにショッピングモールのURLを登録する必要があります。グーグルクローラーはサーチコンソールに登録していないサイトももちろんインデックスを付けるが、グーグルインデックスの範囲、404ページチェック、内部-外部リンク確認、検索語チェック(顧客がどの検索語を入力してサイトに接続したか)などのために必ずグーグルサーチコンソールの登録が必要です。グーグルサーチコンソールの登録 グーグルは、wwwのあるバージョンとwwwのないバージョンのドメインを同じと認識するので、どんなものを選択しても関係なく、サーチコンソール登録時に両方のバージョンを登録することがグーグルの推奨事項です。ほとんどのサイトは(https://www.myshop.com)形式をたくさん書いています。

ssl

▲Googleサーチコンソール設定後にGoogleから発送される案内メール

オンラインショッピングモールSSL設定

SSL(Secure Sockets Layer)は、ユーザー(ショッピングモールの顧客)がそのサイト(ショッピングモール)に入力する情報を暗号化して送信する方法であると理解してください。 SSLはWeb標準の推奨事項であり、SSLが設定されていないサイトでは暗号化プロトコルを使用しないため、ハッキングリスクにさらされる可能性があります。これにより、国内でも数年前からSSL設定を推奨しており、Google Chrome、FirefoxではSSL設定になっていないサイト接続時i表示とともに該当ブラウザで安全でない表示をしています。

ssl

▲国内サイトSSL未設定時に見える画面

ssl
▲国内サイトSSL未設定時に表示される警告メッセージ(Google Chromeブラウザ)

海外サイトの場合、SSL設定は検索エンジン最適化と基本的に反映される部分であり、Googleショッピングなどのサービスを利用するためにはSSL設定が必須です。また、海外PG連動、価格比較サイト入店のためにも必須となります。代表的なショッピングカートのショーピーパイとビッグコマースでは、サイトオープン時に無料でSSL設定をサポートしています。海外サイトにアクセスする際、下段の下のような保安室をたくさん見ました。これらのシールは有料のSSL設定を行わなければサイトで露出できません。

ssl

▲代表的な海外SSLサービス提供会社のシール(seal) - 通常サイトフッター部分と決済ページに露出

ssl
▲ビッグコマースが提供するSSLサービス



ショピパイはビッグコマースのようにSSL設定を必要とせず、ドメインのみをショピパイに登録すると自動的に無料SSLが設定されます。追加のセキュリティプログラムとしては、Macコピーをたくさん使っており、App Storeを通じて簡単にインストールが可能です。

ssl

▲マックコピーセキュアアプリ

_
国内で提供されている海外ショッピングカートは、ほとんどがSSL設定をサポートしていないか、有料サービスを申請する必要があります。しかし、SSLは必須でインストールする必要があることを忘れないでください。

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。