世界中のGoogleネットワークで自分の商品を宣伝できるGoogleショッピング

by 300cbt Team

Googleショッピングは、世界最大のPPC(Pay per Click)広告プラットフォームです。マーケティング業界ではPLA(Product Listing Ads)と呼ばれる製品リスティング広告で、韓国の方々に馴染みのあるネイバー知識ショッピングに似ていると理解してください。知識ショッピングにオークション、ジマーケット、11番街、SSG.COMなどのマーケットプレイス(オープンマーケット)やソーホー企業が入店しているように、Googleショッピングにもノードストローム、シアーズ、セラ、オーバーストックドットコムなどのグローバル流通業者や数多くの小売業者が入店しています。 eBayもGoogleショッピングに入店しているので、eBayに商品を販売しているなら、Googleショッピングにも該当製品が公開されているとみてください。

2018年末、Googleはいよいよ韓国にもGoogleショッピングサービスをローンチすると発表しました。これは韓国をターゲットとしたグーグルショッピングをいい、韓国サービス以前でも海外にターゲットとしたグーグルショッピングの入店は可能でした。 Googleショッピングは通常、1つの国をターゲットにしたキャンペーンが大部分であり、もしアメリカをターゲットにしたGoogleショッピングキャンペーンをウェブ上で直接確認するためには、米国ip接続が可能なVPNプログラムを使わなければなりません。アメリカのipでアクセスすると、現在アメリカで運営されているGoogleショッピング広告を確認でき、競合他社の把握も可能です。

google shopping
▲Googleショッピングに登録された製品が公開されるSERP

Googleショッピングの入店の準備

Googleショッピングの入店には、Googleマーチャントアカウントとマーチャントアカウントにショッピングモール製品を登録できる製品フィード、Googleの広告管理システムであるGoogle Adsアカウントが必要です。 Googleサービスは1つのGoogleアカウントで連携できるため、1つのGoogle IDで各アカウントを作成することをお勧めします。

Google マーチャントセンターへの登録と設定

まず、 Googleマーチャントセンターを介してマーチャントアカウントを作成します。


google merchant center
▲Googleマーチャント登録ページ(右上のSIGN INをクリック)

サービスの登録時に必要な基本情報を入力すると連動するサイト認証を行う必要がありますが、Google Analyticsがインストールされている場合は、Analyticsを通じて認証が可能です。認証後は認証完了後は、Business informationメニューをクリックWebsite、Logoなどを登録し、Shippingメニューをクリックしてターゲット国への送料を設定します。

​​ google merchant center
▲ビジネスインフォメーション設定
Shipping設定は、ターゲット国を設定し、その国の送料を入力するメニューです。複数の国をターゲットにする場合は、国別に送料を入力してください。送料固定(一括課金)、一定金額以上の送料無料設定、製品重量に応じた配送設定など、さまざまな配送オプションを選択できます。

google merchant center
▲ Google マーチャント配送設定


ショッピングフィードの作成と送信

マーチャントアカウントの設定が完了したら、Googleショッピングに公開する商品のフィードを作成して送信する必要があります。フィードの作成方法には、Googleスプレッドシートを介して直接フィードを作成する方法、Googleショッピング関連のサードパーティアプリを介してXMLフィードを生成する方法、API連携による方法があります。フィード連携の効率性のために、ショッピングモールのオペレータのほとんどはサードパーティのアプリを使用しています。代表的な製品フィード関連アプリはショッピングフィーダー(ShoppingFeeder)、データフィードとチー(DataFeedWatch)などがあり、このようなアプリを利用すればGoogleショッピングだけでなくプライスグラバーのような価格比較サイト、グローバルマーケットプレイスなどにもフィードを送って製品、管理者が可能です。
​​

ショッピングフィードの13のコンポーネント

Googleショッピングで求められるショッピングフィードは13の要素で構成されています。初めてフィードを作成する場合は、作成前に以下の点を必ずチェックしてください。
  • Product Title(製品名): キーワードの繰り返しは避け、タイトルはすべて大文字で記載しないでください。
  • Product Description(製品の説明):テキスト(必須)で構成されている必要があります。韓国スタイルの画像ファイルのみで構成された記述は登録できません
  • Google Product Category(Googleショッピングカテゴリ):ショッピングモールの製品とGoogleで定義されたカテゴリのマッチングが必要
  • Product Type:製品タイプ(カテゴリサブ分類)
  • Product Image: 製品イメージリンク URL
  • Price: 販売価格
  • Brand:ブランド名、ハンドメイドなど自社生産製品なら自社ブランド名記載
  • Apparel Categories(衣料品):衣類を販売する場合は、Gender、Age Group、Size、Colorなどの追加情報を入力する必要があります
  • MPN&GTIN:製造番号を入れることでSKUに置き換え可能
  • GTIN:UPC、EANなどがバーコードを入力
  • Sales Tax: 米国をターゲットとするフィードを作成する際に、マーチャント センターで税情報を入力する必要があります
  • Shipping: ターゲット国の配送設定
  • Other Required Information: Availability, Condition 設定
  • カスタムラベル:販売者のニーズに応じた追加オプション(Googleショッピングのインプレッションとは無関係)

より詳細なフィードに関する情報は、Google Merchant Help ページで確認できます。

ショッピングフィーダーアプリでショッピングフィードを作成する

ショピパイ、ワードプレス、マゼントなどのショッピングモールビルダーを利用してショッピングモールを構築したら、フィード関連アプリ(エクステンション)で簡単に商品フィードを作成できます。以下の代表的なEコマースプラットフォームであるShoppy Piの例として、Shoppingfeeder Appを使用してフィードを作成してみましょう。

google merchant center
▲Googleショッピング以外の数十のチャンネルにフィードを提出できるショッピングフィーダー


ショーピーパイでアプリをインストールしたら、Feed Management > Channel Managementでターゲットにする国のGoogleショッピングを選択します.選択後に製品とGoogleショッピングのカテゴリを一致させると、フィードの作成時に終了します。アプリ連動時のショッピングフィーダーは、ショピパイに登録された製品をすべてインポートするので、簡単にフィードを作ることができます。

google merchant center
▲複数の国のGoogleサイトに露出するためには、各国のGoogleショッピングを選択してください。

Optionメニューのリンクアイコンをクリックすると、Channel Feed URLが表示されます。このURLは、ショッピングフィーダーアプリが提供するフィードファイルURLにアドレスをコピーし、Google MerchantアカウントのProducts> Feeds> Scheduled fetch> File URLメニューに貼り付けます。

google merchant center
▲ Scheduled fetchを選択

google merchant center
▲ファイルURLにショッピングフィーダーアプリで作成したフィードアドレスを貼り付ける

google merchant center ▲ショッピングフィード登録完了画面

フィード登録が完了すると、Googleはそのフィードをレビューし、ポリシーに合わない製品は不承認となります。不承認となった製品は、関連内容に合わせて修正後に再提出してください。レビューは通常3日かかり、米国のターゲットフィードの場合は2週間以上かかることがあります。

Google AdWordsの設定

Googleマーチャントはフィードの送信と管理のためのサイトであり、実際のショッピング広告の執行はGoogle Ads(旧AdWords)で行われます。 Google Adsは広告主向けの広告管理システムで、Googleの中核事業モデルであり、世界最大の広告管理システムです。

登録はGoogleアカウントでAdWordsにサインアップした後、右上のスパナアイコンを選択してリンクされたアカウントをクリックします。リンクされたアカウントは、Google AdWordsシステムと連携できるWeb、アプリサービスを表示するメニューで、Googleマーチャント「Google Merchant Center」をクリックして、マーチャントとAdWordsアカウントを相互に連携させます。連携後は、マーチャントアカウントのフィードを自動的に認識します。 Googleショッピング広告の設定は、キャンペーン>青色の+アイコンをクリック>新しいキャンペーン>販売>ショッピングを選択してGoogle広告キャンペーンを作成します。ショッピング広告を選択したら、「商品が販売される国を選択してください」欄にターゲット国を選択します。

google merchant center
▲Google Adsショッピングキャンペーンの設定

Googleショッピング多国籍ターゲット設定

Googleショッピングに商品を公開するには、「購入者の居住国の通貨とその言語でサービスされるページ」を提供することがGoogleのポリシーの原則です。しかし、Googleは通貨自動変換機能(multi currency)を提供し、英語が母国語ではない国でも英語のページを反映することがほとんどであるため、ショッピングモールの基本言語が英語であれば、世界中のGoogleショッピングページに販売者の製品を公開するできると思えばいいようです。

Googleショッピングランディングページの詳細については、以下のリンクを参照してください。

Googleショッピング訪問ページ要件情報リンク

複数の国へのフィード送信リンク

Google ショッピングに関するよくある質問

Q:アメリカ、イギリス、オーストラリアをターゲットにGoogleショッピングを進めたいのですが。 Googleマーチャントセンターのガイドには、ターゲット国の言語と通貨でサイトが構成されていなければならないというのですが、私たちは英語とUSDだけで構成されたショッピングモールは運営しています。可能ですか?

A:はい可能です。 Googleショッピングの独自の通貨変換機能を提供しています。マーチャントセンターでフィード登録時にショッピングモールの基本通貨であるUSDを選択した後、ターゲット国を英国、オーストラリアなどで選択してください。この場合、Shipping設定もショッピングモールの基本通貨であるUSDに設定してください。

​​
Q:Googleショッピングの平均購入換算率はどのくらいですか?

A:Eコマースの平均購買電話率は国内ショッピングモールの場合1%、海外ショッピングモールの場合2-3%が業界平均です。 Googleショッピングは画像ベースの商品リスト広告であるため、GDNやキーワード広告よりも2〜3%高いクリックが発生するのが一般的です。


Q:マーチャントセンターのページの上部右側にある管理メニューであるAutomatic item updatesはどのような機能ですか?

A: マーチャントの作成時に Price, Availability がデフォルトで有効になっています。 これは、商品フィードを送信したときに価格と在庫状況を Google で自動的にクロールすることを意味します。

​​
_
海外ショッピングモールを初めて運営する方の最大の悩みは広報とマーケティングです。 Googleショッピングは、Google検索ボックスで製品名やブランド名を検索した人にリストが表示されるため、クリック率の高い広告です。海外をターゲットにしているなら、今すぐGoogleショッピング広告を始めましょう。

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。