グローバルショッピングモールショピパイの検索エンジン最適化(SEO)設定

by 300cbt Team

First、ANALYZE | Second、OPTIMIZE | Finally, MAXIMIZE

 

検索エンジン最適化?それを食べるのですか?

国内のインターネットマーケティング環境は、インターネットマーケティング=ネイバー上位露出というほどネイバーに集中しており、ウェブ標準に適合する検索エンジン最適化に関する情報が不足していたのが現実でした。しかし、海外をターゲットにビジネスをしている場合は、Web標準ベースのGoogle環境に合ったウェブサイト(ショッピングモール)の構築とマーケティングの準備が必要です。海外ショッピングモール構築準備の際、Googleの理解と検索エンジン最適化の概念については、必ず知って始めなければ、今後適切にサイト運営が可能です。

「検索エンジン最適化」は途方もない名前らしく勉強しなければならない内容が多いようですが、基本原理を理解すれば難しくない分野でもあります。それでは、検索人員を最適化するためにはどんなことを考慮し、準備する必要がありますか?今回のポストはすでに追加のSEO設定が不要に構築されているショッピファイプラットフォームを通じて海外ショッピングモール検索エンジンの最適化について学びます。

GoogleサーチコンソールとGoogle Analytics

検索エンジン最適化(SEO)の基本は、キーワード分析でターゲットキーワードを設定することで検索エンジン最適化を開始することをお勧めします。 Google Search Consoleは、Google検索ボックスでどの単語を検索して自分のサイトにアクセスしたかを知らせます。

グーグルサーチコンソールはグーグルで私のショッピングモールやサイトがグーグルサーバーにどれくらいインデックスされたのか、提出したページがグーグル検索結果ページで何番目に公開されているのか、クロール時にサーバー問題はないかなどのサイトインデックス情報とAMP、構造化されたデータなどの技術的サイト診断サービスを提供しています。サーチコンソールにサイトマップを提出して設定を終えれば、月に1~2回程度の日付を決めてインデックス状態、バックリンク、検索インプレッション順位などをチェックし、検索エンジン最適化の目標を設定してみることができます。

seo-1
▲Googleサーチコンソールで分析できるサイト情報

Google Analyticsは、国別訪問分析、サイト滞在時間分析、リアルタイムアクセス者統計などを使用してターゲット国を設定し、広告キャンペーンの進行中にGoogle Adsアカウントと連動してさまざまなキャンペーン分析を行うことができます。ショピファイでは、Shopify Admin Log in> Preferences> Google AnalyticsメニューにGoogleトラッキングコードを配置するだけで簡単にインストールを完了できます。

seo-2
▲ショピファイアナリティクス

ショピファイアナリティクスは、Google Analyticsと同様の分析ツールで、ショッピングモールの検索ボックスで検索したキーワードなどの内部データ分析に最適化されています。よく見つかるキーワードがあれば、製品の説明やタグに追加して内部検索最適化のアイデアを得ることができます。

キーワードの調査と活用

ショッピングモールは製品名(タイトル)自体がキーワードで製品説明が記述なので、一般的なキーワードリサーチではなく、製品名やブランド名に基づくキーワード調査が必要です。 SEOが初めての場合は、Googleのキーワードプランナーからキーワードを抽出してみてください。

一般キーワード調査を終えたらロングテールキーワードも考慮してみることができますが、ロングテールキーワードは製品名やブランド名の前、後ろに「buy」、「online shop」などのキーワードを付けて調べてみることができます。

ショッピングモールのブログタイトルは、家具を販売するショッピングモールなら「オフィスチェアを選択する際に考慮すべき10種類」、「2017年のFacebookで最も言及されたマットレスブランドは?」同じバイヤーが検索を試みるだけのキーワードやクリック可能なヒントなどをタイトルに決めて作成することがトラフィックの向上に役立つでしょう。

ショッピングモールはブログやフォーラムなどの情報配信ではなく販売が目的であるため、ショッピングモールのブログ投稿は販売情報を含んでいる必要があります。これにより、ShoppyPyはBuy Buttonという機能を提供します。バイボタンを使ってブログポストの途中にショッピングカートページを添付することができます。
seo-3

▲ショピファイバイボタン:ブログポスト内製品jsコードを生成、カートページを通じて売上を高めるのに役立つ機能

プロのSEOツールを使用している場合は、Googleキーワードプランナーでは提供していないより詳細な指標を確認できます。

代表的なキーワードツールリスト

タイトル(ショッピングモール商品ページ最適化)

Google検索結果ページでは、タイトルは60文字まで公開されているため、製品タイトルは60文字以内で作成することをお勧めします。国内のジマーケット、qoo10セラーが多用する「製品タイトル/キーワード1/キーワード2/キーワード3」式のタイトル作成は絶対に好ましい方法ではありません。製品タイトルはブランド+製品の特徴+仕様などの形式を決めて簡潔に作成する必要があります。内部フォーマットに合わないキーワードは、タイトルの代わりに記述やタグなどに追加すれば、顧客がショッピングモール内の検索ボックスを介してその製品を見つけることができます。

商品ページ(ディスクリプション)

韓国のショッピングモールの特徴であり問題点は、テキストを一切なく商品説明を「筒」のイメージで製作することです。これは検索エンジン入場で見たときは記述自体がないページとして認識されるため「致命的な問題」となります。通常の画像で制作するとき、Google広告などの外部マーケティングツールを接続することもできません。また、このように作られた商品説明ページは、モバイル接続時のローディング速度を低下させる問題を発生させ、カフェ24のような国内ソリューションのような場合、レスポンシブデザインではないため、画像に入ったテキストを読みにくいです。したがって、記述(商品説明)は必ずテキストで作成する必要があります。

ショピパイはウィジウィックWYSIWYGエディタを提供するので、エディタを利用して記述を作成し、中題などはH(Heading)タグを適用して記述構成形式を作ってショッピングモールに統一感を与えることができます。 Hタグは検索エンジン最適化の基本要素なので、中題などはB(ボールド)で書かないで、必ずエディタのHタグを適用してください! Hタグは検索エンジン最適化上の階層構造を持たなければならないので、H2を大題題として使うなら、中題、小タイトルはH3、H4式で使うべきです。

記述は、Googleの検索結果で155文字以下のページで作成されます。ショーピーパイは商品登録ページとブログポストの下部に検索エンジン最適化プレビューを提供するので、商品登録時にGoogle検索時にどのように公開されるかをすぐに確認できます。 (Googleが認めるタイトルの最大長は70文字のメタ記述は320文字で知られているため、ShoppyPyシステムには各数字で表示されますが、実際のGoogleに公開されるタイトルは60文字、メタディスクリプションは155文字です。)

seo-4

▲ショピパイ記述エディタ

seo-6

▲ShoppyPiディスクリプションエディタの作成時に自動的に設定される検索エンジンプレビュー機能

seo-6

▲Google検索インプレッションページ

検索に優しいURL構造

ショピファイは商品ページタイトルがURLアドレスに自動的に入力されるように構成されているため、特別な場合でなければ変更する必要はありません。運営中に製品をコピー登録する過程で既存製品のURLをそのままインポートする場合がありますので、コピー登録した製品はURLをチェックしてみてください。ページ作成時にも既存のページをコピーして使用する場合、URL は mysite.com/pages/contents-1-1, -2 式で URL が自動構成されるので、この部分もチェックしてみてください。 URLを変更すると、ShoppyPyは301 Redirect機能を自動的にサポートします。 301 Redirectは、既存の登録されたURLを新しいページURLに自動的にリンクするSEOの必須機能で、ページ変更時に必ずチェックボックスにチェックされていることを確認してください。

画像最適化(ファイル名、サイズ、アルトタグ)

Google Image Searchは、Googleの総検索量の23%を占めるほど有効な検索領域です。この画像検索には公開されるためには画像最適化が必須です。画像ファイル名、画像サイズ、Altタグ設定などが代表的な最適化要素です。ショーピーパイはEコマースプラットフォームでありCDNなので、WordPressのようなインストール型ビルダーとは異なり、サーバー位置指定に他の接続速度の問題はありません。故に画像やコンテンツが地域に応じて遅くロードされるなどの問題がありません。

画像サイズもバックエンドで一定の割合で調整でき、画像のアップロードや管理に伴う手間が少なくなります。検索エンジンを最適化するには、画像ファイル名3456345.jpg、DCS180717、jpgなどのファイル名ではなく、画像を表すキーワードで構成し、画像をアップロードするときにAltタグを追加する必要があります。画像altタグは、Web標準で画像リンクにアクセスできないときにその画像を説明できる単語で構成する必要があります。ショピパイには、オペレータの便宜のためにアルトタグを「タイトル(製品名)イメージ+ブランド名」などで自動入力するアプリがあり、使用時にアルトタグ入力を自動化できます。

seo-7

▲ショピパイ画像altタグ入力ウィンドウ

リンクビル

リンクビルは内部リンクと外部リンクに分かれ、リンクビルは外部サイトがそのショッピングモールに移動するバックリンクを作成、管理することを指します。バックリンクは、Facebookページなど自身が運営するソーシャルチャンネル、販売する製品のレビューがあるYouTubeチャンネル、ブログなどになることができます。ショッピングモールのオペレータは、これらのチャンネルを調査、選択して直接バックリンクを作成する必要があります。これらのレビューチャンネルのバックリンクは、単に検索エンジンの最適化だけでなく、ショッピングモールの訪問と売上に直接影響を与える要因です。私のショッピングモールがどのサイトからリンクされているのか疑問に思ったり、競合サイトのバックリンクが気になった場合は、以下のサービスをご利用ください。

seo-8

▲ ahrefs サイトエクスプローラ

_

検索エンジンの最適化に関する内容が上記のほかに数多くの技法(?)がありますが、ショッピングモールを運営しながら必ず知る必要がある概念中心に紹介しました。 ショフィーパイ(Shopify)のバックエンドは基本的に検索エンジン最適化に設計されているので、ショピパイで要求されるコンテンツだけ記載しても基本的なSEO設定を終えたといえます。 SEO is Not Magic. It's Processing.

cbtlabs 300cbt

Leave a comment

*スパム防止のため、コメントは検収後公開されます。